カテゴリー
未分類

認定薬剤師や専門薬剤師を目指す理由とは

就職の面接時に
「私は◎◎の認定薬剤師を目指したいと思っています」
と熱い想いを伝えるのは良いのですが、認定薬剤師や専門薬剤師になるには最低5年程度の薬剤足経験が必要です。
その5年間は自分のやりたい分野を探す期間でもあります。
ひょっとしたら最初の目指していた分野とは異なる分野の認定薬剤師や専門薬剤師を目指すことになることはよくあることです。
また所属部門で自分の目指したい分野とは異なる部署に配属されるかもしれません。

認定薬剤足や専門薬剤師になるには学会への参加や発表もあることがあります。
他施設への研修や症例の提出
そしてなにより難しい試験
たくさんの高いハードルもあることは覚悟しておきましょう。

しかし「認定薬剤師」「専門薬剤師」になるには苦労があるからこそ、それなりのステータスも手に入れることができます。
認定薬剤師、専門薬剤師の中には診療報酬の算定に関わるものもあります。
取得することで職場からの信頼や必要性も増すことでしょう。
認定薬剤師や専門薬剤師ならば医師や看護師をはじめ他職種からの信頼も得られ、一目置かれる存在となるでしょう。

認定薬剤師・専門薬剤師を目指せる準備はいつでもしておきましょう。

最初はそんな「認定薬剤師」「専門薬剤師」を目指すことなど考えていなかったかも知れません。
しかし、薬剤足という仕事は医療と違って幅広い分野を担わなければなりません。
ですから薬剤師はスペシャリストというよりもジェネラリストといおうチャチイ地のことが多いでしょう。
ですから特に若いうちは様々な分野を勉強しておくことも大事です。
しかし、その中に本当に自分がやりたい分野が見つかるかもしれません。
その時に備えて「認定薬剤足」「専門薬剤師」を取得するための条件に他施設の研修などがある場合、そのチャンスは意外とい少ないものです。
いつそんな他施設への研修に行けるチャンスがあるかもしれません。
ですからいつそんな場面に出会った手も慌てないように常に自己研鑽し、準備をしておくことが必要です。
薬剤師 転職 育休

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です