カテゴリー
未分類

ゴミ屋敷女の意識改革|片付け=モノを減らすことと意識すべし

「片付けても片付けてもすぐに部屋がぐちゃぐちゃのゴミ屋敷なる」
「どうせ私印蚊帳付けなんか無理だから」
そんな片付けられないゴミ屋敷女の共通点は
圧倒的にモノが多い
ということなんです。
当たり前です。
モノが多いと片付けがとても大変だからです。
モノ
が少ないと片付けは断然にラクになります。

確かに
「片付けられないからモノが増える」
といいうことも言えなくはないですが
「モノが多いkぁら片付けられない」
というのも紛れもない真実でもあります。

とにかく「モノが多い部屋=ごちゃごちゃと散らかっている部屋(ゴミ屋敷)」といえます。

とにかくスッキリ片付けられている部屋にはあまりモノがありません。
こんなことを言うと
「スッキリした部屋に住んでいる人は片付けが上手んだから全般的に出ているモノが少ないのよ」
という反論もあります。
でも、そんなスッキリと綺麗に片づけられている部屋で暮らしている人ほど
「片付けが苦手だからこそ、モノを少なくしているんです」
という人が多いことも知っておいてください。
ですから
「自称:片付け下手」と認識している人ほど、モノを少なくして片付ける時間を省略することを心がけてください。

モノが少なければ少ないほど片付けが簡単なんです。
わずyかなモノだからこそ
決まった置き場所に戻すことができる
収納するだけでいい
ということが可能なのです。
またモノが少ないと、多少雑然と置かれてたりしまわれたりしていても、あまりゴちゃごcがした印象を与えません。
たとえば床に雑誌が数冊無造作に置かれていても1~3冊程度なら散らかっているy党に目ないのです。
これが10冊以上なら明らかに散らかってい臨床を与えます。
引き出しに70%程度のモノしか入っていなかったら、適当に放り込んでも簡単に収まります。
これが100%以上の牛ギュー詰めの状態ならきちんと整理整頓しないと祖お祖も引き出しの中に収納できませんし、パッと取り出すこともできません。
そもそもその引き出しが閉まらないということもあります。
ひとつモノを出すだけでたちまり散乱してしまいます。
ゴミ屋敷 東京

カテゴリー
未分類

耳が遠いと感じてきたら湯船で聴力アップのマッサージを!

寝る前にお風呂に入るなら少しぬるめのお湯でじっくりゆっくりとお湯につかってください。
ゆっくりとぬるめのお湯に浸かることで副交感神経が優勢となり、心身ともにリラックスして安らぎモードに移ってゆきます。
反対に厚めのお湯だっったりシャワーは交感神経を刺激するので心と身体をシャキッとさせたい時には有効です。
疲れている夜は何も考えずに、ゆったりとお湯に浸かって心身の疲れを癒すことこそが最優先です。

そしてまだ元気が残っている時にお風呂に入るなら。お湯に浸かりながら聴覚の回復に効果がある簡単なマッサージをしてみませんか。
それはお腹の絵癖サイズです。
耳の聴覚とお腹になんのかんけいがあるの?
なんて思われるかもしれません。
でも、耳は腎経に属する器官なんです。
ですから大腸経や膀胱経の絵お今日も受けているのです。
耳の神経を健康に保つには、胃腸や膀胱も含めておなかにあるさまざまな臓器が元気でなければならないのです。
それらの臓器は。腹膜に包まれた腹腔部分に収まっています。
ですからお腹を佐和ってみて、冷たいとか固いとか感じる時には、腹膜が冷えて固まっているのです。
これが耳にも悪影響を及ぼします。
ですから腹膜をマッサージすることで、腹腔内にある腎臓や台帳の機能を高めることができあmす。」

このお腹の絵癖サイズはこんな手順です。
①手のひらを脇腹に当てます。
その高さはおへその下あたり、腰骨の近くです。
②その手のひらを波打つように上下に動かします。
揉んだりしながら反対側の脇腹まで優しくマッサージしていきます。
③これを焼く20回程度繰り返してください。
忠食後すぐは避けたほうが良いです。
食後すぐだと消化を妨げることもあります。
希少後や修身雨の空腹時が最適です。

さらに入浴中に耳のツボを刺激しましょう。
耳には重要なツボが集中しています。
ひとつひとつのツボの名前や効能を覚える必要はありません。
耳全体を適当にさすったり、引っ張ったり、折り曲げたり
そんな刺激を与えることで自然とどこかの耳のツボを刺激することになります。
お湯に浸かりながら適当に耳をいじることでできる気軽なツボ刺激なんです。

老人 テレビ うるさい

カテゴリー
未分類

介護老人を訪問するには

老人ホームや介護付き住宅に入居している人を訪問する方法は、必ずしも簡単ではありません。気まずい思いをしたくないからと、訪問をしない人もいます。

家族や友人の訪問は、高齢者にとって必要なつながりや支えになるため、自分の消極的な姿勢を改善する方法を見つけることが重要です。

孤独は、特に高齢者において深刻な健康問題であることが研究により示されています。他の人と一緒に暮らし、介護を受けている人でも、意味のあるつながりがないため、孤独を感じることがあります。

アルツハイマー病や認知症の高齢者も、たとえ認知を示さなかったり、後で思い出したりしなくても、訪問を楽しみます。ポジティブな感情は、彼らの心に残るのです。

個人的なつながりを強く保つために、高齢者との面会を成功させるためのヒントを書きました。

介護付き老人ホームにいる高齢者を訪問すると、落ち込んだり、悲しんだり、罪悪感を感じたりして、訪問したくないと思う人もいるかもしれません。ですがそれらの感情は訪問の背後にある意図に再び焦点を当てるのに役立ちます。訪問はあなたではなく、彼らのためなのですから。

訪問することで、家族や友人から忘れられていないことを高齢者は知ることができます。さらに、定期的に訪問することで、彼らが受けているケアを確認することができます。高齢者が無視されたり、虐待されたり、詐欺や盗難の被害にあっていないことを確認することができます。もし問題があれば、それが深刻な、あるいは致命的な問題になる前に、何らかの対処をすることができます。

また、訪問が成功するとはどういうことか、自分の期待値を調整することも重要です。高齢者が興奮した反応を示したり、積極的に会話に参加したりしない場合も想定しておきましょう。

これは、あなたが訪問することを望んでいないとか、あなたの努力に感謝していないということではありません。高齢者の健康状態、時間帯、性格などが反応に影響している可能性があります。相手からすれば、一緒に静かに座っていることは、素晴らしい、有意義な訪問かもしれません。
認知症の人を訪ねるときは、相手がどう動くか、自分がどう振る舞えばいいのかがわからず、怖いと感じるかもしれません。

また、以前と違う姿を見て、強い感情を抱くこともあるでしょう。しかし、落ち着いて、相手のためになることに目を向け、この新しい体験に適応するための時間を確保することが一番です。基本的なことをいくつか覚えておくと、とても役に立ちます。

認知症の方と楽しく過ごすには、シンプルで控えめな行動が一番です。昔の写真を見たり、好きな音楽を聴いたり、ゆっくり散歩をしたりです。みまもりCUBE 販売店