カテゴリー
未分類

ゴミ屋敷女の意識改革|片付け=モノを減らすことと意識すべし

「片付けても片付けてもすぐに部屋がぐちゃぐちゃのゴミ屋敷なる」
「どうせ私印蚊帳付けなんか無理だから」
そんな片付けられないゴミ屋敷女の共通点は
圧倒的にモノが多い
ということなんです。
当たり前です。
モノが多いと片付けがとても大変だからです。
モノ
が少ないと片付けは断然にラクになります。

確かに
「片付けられないからモノが増える」
といいうことも言えなくはないですが
「モノが多いkぁら片付けられない」
というのも紛れもない真実でもあります。

とにかく「モノが多い部屋=ごちゃごちゃと散らかっている部屋(ゴミ屋敷)」といえます。

とにかくスッキリ片付けられている部屋にはあまりモノがありません。
こんなことを言うと
「スッキリした部屋に住んでいる人は片付けが上手んだから全般的に出ているモノが少ないのよ」
という反論もあります。
でも、そんなスッキリと綺麗に片づけられている部屋で暮らしている人ほど
「片付けが苦手だからこそ、モノを少なくしているんです」
という人が多いことも知っておいてください。
ですから
「自称:片付け下手」と認識している人ほど、モノを少なくして片付ける時間を省略することを心がけてください。

モノが少なければ少ないほど片付けが簡単なんです。
わずyかなモノだからこそ
決まった置き場所に戻すことができる
収納するだけでいい
ということが可能なのです。
またモノが少ないと、多少雑然と置かれてたりしまわれたりしていても、あまりゴちゃごcがした印象を与えません。
たとえば床に雑誌が数冊無造作に置かれていても1~3冊程度なら散らかっているy党に目ないのです。
これが10冊以上なら明らかに散らかってい臨床を与えます。
引き出しに70%程度のモノしか入っていなかったら、適当に放り込んでも簡単に収まります。
これが100%以上の牛ギュー詰めの状態ならきちんと整理整頓しないと祖お祖も引き出しの中に収納できませんし、パッと取り出すこともできません。
そもそもその引き出しが閉まらないということもあります。
ひとつモノを出すだけでたちまり散乱してしまいます。
ゴミ屋敷 東京

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です