カテゴリー
未分類

親が倒れた時に迫られる究極の選択!介護する?施設に入れる?

「わしのことは放っておいてくれ!
 お前らの世話にはならん!
 いざとなったら老人ホームにでも入るから!」
そんな嫌味のようなことを言っていた親が倒れてしまったらどうしますか?

できることなら子供の誰かが介護するのがベストです。
老人ホームに入れるの可哀想かもしれません。
しかし、問題はそう簡単いは決断できるものではないことも現実です。

子供たちはみんな親の介護をしてあげたくてもできないのが普通です、
また親の要介護度もまだ老人ホームなどの介護施設にまで入るほどではない。
しかし、もはや親ひとりだけでrは生活はさせられない
そんな状況でなんとか親を老人ホームに入れずに介護するには
・同居して介護する
・遠距離介護を頑張る
の究極の選択をしなければなりません。

まず遠距離介護を考えたのなら親の介護の度合いを考えなければなりません、
遠距離介護なら親の家に通うのは週に1日から2日程度が限界だからです。
それ以上の介護は距離や仕事にもよりますが子供には大きすぎる負担となりあmす。
たとえば
ほとんど自分のことは自分で出来るが
入浴や外出や買い物
そんな一部のことだけを手助けすれば親は今の家で暮らしていける
そんな状況でしか遠距離介護はできません。

しかし、これも距離によります。
親と子供が遠く離れている場合、たとえ種に1~2回程度でも大変なのです。
差風に5に間びっしりと働き、土日は田舎に帰って親の世話お観る。
親の喜ぶ顔が最高のご褒美ですが、まず体力が続きあm線。
まして交通費だってバカになりません。
ちょっとした距離なら新幹線鋳物るでしょう。
そうすれば月にいくらかかるのでしょうか・

それが無理なら同居して親の介護をすることも考えなければなりません。
あなたが田舎の実家に帰るか?
それとも
親を呼び寄せるか?
あなたが田舎に帰るのなら仕事のことも考えなければなりません・
親を子供の家に呼び寄せたくても都会に住む子供の家に「親を住まわせる部屋なんて余ってはいません。
幸いにも子供たちがもう独立していて部屋が余ってはいても、その同居のストレスはハンパな物ではありあm線。

まさにどちらも究極の選択なのです。
老人ホーム 口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です