カテゴリー
未分類

猫の多頭飼いは何匹うくらいまで可能か?

猫の多頭飼いを考える間にまず知っておいて星野が
本来猫とは単独生活をしている動物なのです。
確かに公園などで野良猫が集まっているのもよく見かけますが、あれは誰かが餌を与えているからという理由も多いです。
猫は大人になると自分の縄張りを作り、1匹で生きていく動物です。
しかし、人に飼われて、餌も十分にある
そんな場合は複数お猫が一緒に暮らす子t路もできあmす。
それは餌を奪い合う必要もないからです。

複数の猫を飼うのは1匹だけを飼うのとは異なり、違う楽しみがあります。
猫同士の関り方はとてもおもしろく、その関係性がまた違う魅力を引き出してくれます。

ただ、いくら複数の猫を飼うのが楽しいといっても何匹でも飼えるというものではありません。
各家庭の環境によっても換える頭数には限度がありますし、あらかじめ何頭までと決めておいたほうが良いと思います。

金銭的な問題
家の広さの問題
またそれよりも重要なのは
その猫の世話をする人間がなんいにるのか?
という問題です。

毎日の世話のほか、ちょっとした猫の変化にも気づかないと病気に怪我の発見が遅れて、最悪猫が死んでしまうこともあります。
猫同士の関係性や猫の世話をする人間のことも考えれば
やっぱり一人につき2~3匹までが適当だと私は思います。
もちろんずっと毎日家にいて猫の世話だけに集中して暮らせる人なら話は別ですが、そんな方は特別でしょう。
個人個人の飼育毛行けインにもよりますが、仕事をしながら猫を飼うなら1人につき3匹まで
それが基準です。

複数の猫を飼うと決めたのなら
おすすめはちょろちょろと飼う猫の頭数を増やすよりも最初から一気に複数回をする
ことです、
そのほうが猫同士の関係性が鵜m無くいく可能性が高いからです。

多頭飼いをしている猫愛好家で時々起こるのが猫同士の関係性がうまくいかずに猫が大きなストレスを抱えてしまうことです、
最悪、隙を見て脱走したりストレスで食事もしなくなり病気になることもあります。
老犬 ご飯 食べない 余命

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です