カテゴリー
未分類

机の散らかっているケアマネは仕事ができない

ケアマネの仕事は膨大な書類を作成します。
あるベテランケアマネが言うには
「帰る時に机の上が散らかっているケアマネは仕事ができない」
と断言していあmす。
クソ忙しいケアマネだからこそ机の上は帰る時には綺麗に片づけてから退社したいものです。

利用者の介護サービス利用計画にかかわる重要な資料がどこかに紛れこんでわからなくなったり、期日に間に合わなくなてしまったりといった大きなミスだけではなく、探し物をしている時間がおおきな作業効率化の弊害になります。
そのgふぇんいんがみんなケアマネの作業する机が散らかっていることから起こるのです。

1日の終わりの退社の時には綺麗に自分机の上を片付ける
そんな小さな習慣が後々大きな差となってくるのです。
誰でも時間に余裕がなくなってくると机の上の空間も亡くなってきます。
おびただしい利用者の介護に関する資料がそれこそすぐに「山のように積まれていってしまいます。
その膨大な書類の中からその利用者に必要な資料をピンポイントで探し出すことは難しいのです。

机の上の状態はまさにそのケアマネの心の状態を表しています。
もうパンク寸前のケアマネの机の上はまさにそれこそパンク状態のカオスの状態です。

机の整理整頓はスキマ時間にコツコツやっておけば、慌てることはありません。
でも、それがついついダラダラとした休憩にしてしまうのです。

ケアマネのあなたの机の上にはたくさんの書類が山積みになっていませんか?
その量がおびただしい量になる前にコツコツと片づけるようにしましょう。
理想は
「すべてのものの定位置を決めて、そこに戻す」
ことを心がけましょう。
この片付けの作業は、すなわちお「翌日の仕事の準備」でもあるのです。
片付けることで段取りがよくなるのです。

忙しい
忙しい
だから机の上なんて片付けていられない
そんあなたは机の上の書類や資料などを探している時間はどれだけかかっていますか?
きっと片付ける時間よりもかかっているはずです。

介護ソフト 比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です