カテゴリー
未分類

真似ることから学びは始まる

オリジナリティという言葉にどんな印象を持っていますか?
絶対的に他にはないもの
そう考えて当然です。
しかし、現実には自分がオリジナリティと考えていることが誰かの物真似ということは救い無くないのです。
多くの仕事や事柄は「形から入る」というのが普通です。
そしてその真髄を極めたつもりでも、なにかしらの他からの影響は避けては通れないものです。

まったくの無から有を生み出すというよりも、いくつものお手本を研究し、そこから学んだ部分を集めていった結果が自分のオリジナリティを確立することができるということなんです。

ですから、変なプライドなど捨てて
いいと思ったらすぐに真似をする
ということが大事です。

もちろnパクリはいけません。
そこに自分ありのエッセンスを加えることが大事です。
自分独自のアンテナや解釈を加えることが大事なのです。

それがオリジナリティです。

99&が真似であっても、自分なりの解釈やエッセンスが1&でも加わればそれがオリジナルと言えます。
この1%を生み出すためには、お手本を隅から隅までしっかりと学ぶ いや真似ることが必要です。

あの有名ロックギタリストのえでぃ・ばんへいれんいはクリーム時代のエリック・クラプトンを徹底的にコピーしたそうです。
そこからあのエディ¥バンヘイレンの代名詞であるライトハンド奏法も生み出されました。
完全なオリジナルと言ってもそのバックボーンにはなにかしらの真似ることから始まるのです。

真似ることはあるステージに行き着くための早道です。
そこから本当の苦しみが生まれます。

さきぼどのギタリストでも、世の中にはうまいギタリストは腐るほどいます。
エリック・クラプトンの完全コピーが出来るギタリストもたくさにます。
でも、そこから一歩位抜きんでることこそオリジナリティであり、や異変なんです。

ですからあなたがなにかのことをあるレベルまで早く他度p理乙区までは、ただひたすら真似ることから始めればいいのです。

苦しいのはそこからなんでsづから

ささみサロン 評判

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です