• ホーム
  • 媚薬に含まれているのは天然成分?

媚薬に含まれているのは天然成分?

薬のスプーン

昔から愛されている媚薬に含まれる主な成分は、ガラナやマカなどの植物生まれのものが多く、安全性の高い媚薬といえます。
ガラナは、神経を過敏にして集中力を高め、体を活性化させる効果があります。アマゾン川流域が原産地で、カフェインやタンニンが多く含まれている果実です。
日本では、ガラナ配合のチョコレートが強壮剤の一つとして販売され、ガムやタブレットタイプのものも販売されています。
南米ペルー発の媚薬であるマカは、男性の勃起障害やインポテンツ、女性の不妊症、不感症などに効果があります。
男性用の精力剤として一般的に知られていますが、女性にも効果があり、楽しいセックスライフを営むことができます。
栄養豊富な土地で育てられるため、精力剤の元ともいわれ、亜鉛やミネラル成分も豊富に含んでいます。
トンカットアリは、マレーシアやタイ、インドネシアなどのジャングルに茂っている樹木で、古くから強壮薬や媚薬として用いられてきました。
主な成分は植物の根から抽出され、男性のインポテンツの改善に効果的です。
こらナットは、アフリカ西部に分布する常緑樹で、カフェインやコラニン、テオブロミンが有効成分です。中枢神経の興奮作用があるため、ジャマイカでは媚薬として使われています。
媚薬を使うなら、トラブルなく安全性の高いものを使いたいと思うはずです。
本当に信頼できる媚薬とは、私たち自身が作り出している性ホルモンです。
性ホルモンとは、男性の場合テストステロン、女性の場合エストロゲンで、もっとも安全といえます。
この性ホルモンは、加齢やストレスを受けることで減少してしまいます。性ホルモンが減少してしまうと、セックスにタイして情熱をもてなくなり、次第にセックスレスになってしまいます。
性ホルモンを高めるには、マカやトンカットアリが効果的です。どちらも植物生まれの媚薬ですから、安心して使用することができるので、おすすめです。